日本語教師が授業で絶対に触れてはいけない話題とは。

こんにちは。のりまき、です。

早速ですが、日本語学校での授業では、レベルを問わずそれが対面であろうが、オンラインであろうが触れてはいけない話題(トピック)というものがあります。これまでもこのタブーとも言える話題を(不用意に)扱って自爆する教師を何度も目にして来ました。

分かっているのになぜ扱ってしまうのか。実は、教師自身は扱うつもりがなくとも、気づかないうちに触れていた、ということもあるのです。特に今はコロナ禍ということもあり、ストレスを抱えている学生が多く(教師もね)、いつも以上に敏感になっています。

まして、それがオンライン授業ともなれば、よりコミュニケーションは難しくなり教師の真意がどこまで正確に伝わるのか分かりません。

まあ、非常に大事なテーマです。これから教壇に立つという方やなりたての方、ご注意を。

絶対に触れてはいけない話題その1

絶対に触れてはいけない話題。今回はちょっと問題にしてみました。分かる人にはすぐ分かる問題です。日本語教師としての感度を試すのに適当かもしれません。

では、どうぞ。

問 題

初級のクラスで以下の地図を見せたところ、たちまちクレームに発展してしまいました。果たしてどこの国の学生から、どのようなクレームが入ったのでしょうか。学生の国籍とその理由をお答え下さい。

※ヒント:あるはずのものが。。。ない?

のりまき、

さぁ、いかがですか。分かりましたか。

「答え」は次のページ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。